BLOGで乾杯(KANPAI)!

メーカー社員の雑記→会社・日常・趣味

お金があったら働く?働かない?

題名は先日、ある床屋の店長さんに言われた一言である。

 

店長「○○君。お金があったら働く?働かない?」

 

私「いや、働きますよ。仕事も楽しいし、働かないとどうにかなってしまうかもしれないじゃないですか?突然どしたんですか?」

 

店長「この前ある本を読んでね。10年後、考えさせられることがでてきてねぇ・・・。とはいっても10年後は私も生きているか分からないし、10年後は君が中心になって働かないといけない時期になってくるからさ。」

 

この店長の趣味は読書。髪切りに行く度、いろんな本の話をしてくれる。

 

今回店長が読んだのは

「AI vs 教科書が読めない子供たち」

である。

 

「東大はロボットに入れるか?」という人工知能プロジェクト(東ロボくん)のお話し。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AI vs. 教科書が読めない子どもたち [ 新井 紀子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)


 

 

本の内容から考えさせられること・・・

東ロボくんは、2013年時点では5教科7科目のセンター模試で偏差値45に過ぎなかった。

しかしながら、2016年には偏差値57.1を叩きだした。

これは、東大には入れないが、国公立大学やMARCHといったおおよそ約80%の合格の可能性を示したということである。

AIどんどん進歩しててすごい!東大にはやっぱりとどくことはないか。といった感想はあるかもしれない。

 

ここで考えられることは

 

今後この世界の80%のものはAIのような機械に置き換えられるのではないか?

 

ということである。

 

実際、私の仕事は機械導入による省人化の仕事も含まれている。

 

製品を生産するのはもちろん機械であるが、製品を並べて、梱包する作業であったり、不良品を検出したりすることなど、様々なところで機械は導入されている。

 

機械導入にあたって、コストが見合わない場合は、人が代わりに実施しているが、お金さえあれば、ほとんど機械で製品ができあがるのが私の職場の現状である。

 

これは私の仕事の例であるが、もっとすごい会社はある。

倉庫内の製品を注文に応じて機械が取りに行く自動倉庫と呼ばれるものがあったり、商品をドローンで運んだりすることなどを実施しているところもある。

 

ここまでの話で、梱包作業員・検査作業員・調達作業員・運搬作業員が不要となった。

 

少子高齢化社会で人手不足だからといって、機械を導入する考えもある。この場合は、導入しないと仕事が回らないので、どんどん導入していかなくてはいけないなあと思ってしまう。

しかしながら、他国では人口増加が見られるところで、AIのような機械が進歩すると、人じゃなくても仕事は回るようになる。

 

すると人が不要になる。

 

働ける人が20%、働けない人が80%という考えにもなるかな?

 

働ける20%の人はお金をもらうことができ、働けない80%の人はお金をもらうことができない。

働ける20%の人の中に入るのは、東大レベルのひとばかりにとなってしまう。

ここで、大きな格差が生まれてしまう。

 

店長に言われた

 

「お金があったら働く?働かない?」

 

という意味は、働けない80%の人が働かなくても年間300万円もらえるとしたらという意味である。

 

ここで私は働く!!!といったものの店長に「じゃあなんの仕事するの?」って聞かれたら答えることができなかった。

 

教科書が読めない小学生について

店長に同時に「教科書が読めない小学生」の話もされた。

 

店長「最近、教科書が読めない小学生も増えてるみたいでね。」

私「読めないってそんなことあるんですか?」

 

店長「ここでいう読めないは理解できていないってこと。ここにきている子供たちにに、教科書の読んだところを説明してみろ!っていったことがあるんだけど、理解できてないから説明できない子がいたりするんだよ。」

 

私「おお~。それはなかなか大変ですね。」  

 

店長「けど、その子たちの大半が小学生のときは成績が優秀で、中学校から成績が悪くなったっていうんだよ。このカラクリは、小学校の時は暗記するものも少ないが、中学校からは暗記することが多くなって覚えられなくなったということなんだよね。」

 

私「確かに私も高校生まで暗記でしたね。理解する楽しさを知ったのは大学入ってからです。」

 

店長「君の時代はまだそれで良いかもしれんけど、暗記するだけじゃダメだよ。だって暗記は機械のほうが出来るんだからさ!」

 

この言葉に衝撃を受けた。確かにおっしゃるとおり。

それを考えていくと、ほんとに仕事ができる人ととかって限られてしまうんじゃないかな?って思ってしまいました。

ん~答えがまた出にくくなってしまったぞ。

 

私なりの答えは?

機械に置き換わってしまった世界で人がやらないといけないのは、機械にできないことをすることである。

新しいものを生み出すクリエイティブな仕事か、音楽・絵といった人の心をつかむ芸術家のような仕事か、教師のような人と人とのコミュニケーションを育てる仕事か。

パッとは思いついたのはこれくらいかな。

 

私なりに世の中がほぼ機械に置き換えられた場合にやる仕事を考えてみた。

(1)研究者:新しいものを機械からは見出すことはできないし、私も研究好きだから。

(2)居酒屋:人の交流の場を作ることができるから。

(3)農家:人に美味しい野菜を作って、喜んでもらいたいから。というか婆ちゃん家いつかは継がないと・・・・。

いまの私なりにできることは、これしか思いつかん・・・。

 

(1)~(3)をごちゃ混ぜにすると、美味しい野菜ができるように研究し、作り、できた野菜で居酒屋を開く。これだ!!!!!!って勝手に思ってしまった。

 

みなさんはどうしますか?

飲み会 ~よっ!酒豪!~

こんばんは。

 

昨日、女の子と飲んできましたよ~!この子はGWあたりからやり取りしていた女の子でした。

 

この女の子も「ペアーズ」というマッチングアプリで出会った女の子です。

飲み友達が増えていってますね~。 

ここでは仮にYさんとしますね。

 

Yさんとのやり取り

Yさんの特徴は、私の一個下で、農学部の大学院卒。

農化女子ってやつですな!

ウイスキーを家にストックするくらいのお酒好きなんだけど、配属先人達が全くお酒を飲まないらしくて、飲み友達を探しているとのことでした。

是非ご一緒しましょう!とのことで会ってきましたよ!

 

以下、Yさんとのメールのやり取りです。 

私「むつごんです!こっちに配属になって知り合いもいなくて暇を持て余しています。私もお酒めっちゃ好きで是非飲みに行きましょう!」

 

Y「よろしくお願いします。良いですよ!どこ住まいなんですか?」

 

私「○○です!どちらお住まいなんですか?」

 

Y「私もです!!LINEで連絡とりませんか?」

 

私(え?!めっちゃ展開はやいやん!)

 

あとは、美味しいお店やお酒の話を何度かやり取りして・・・。1週間ほど連絡が途絶える・・・

私(他に行ってしまわれたか・・・・?)

  

1週間後・・・・。

M「すみません。今日飲めませんか?」

 

私(え!?!?!めっちゃ急やん。急なの嫌いじゃないけどw)

 

私「いきまーーーす!!」

 

M「はい~!また連絡します~!」

 

 

飲み会では・・・

集合時間30分過ぎてもこない・・・

私(これはハメられたか?!ww)

 

M「こんばんは~!遅れてすみません~!」

 

関西弁口調の理系女子が・・・・

 

私「初めまして~!どこいきますか~?」

 

M「魚介系でも食べに行きますか~!」

 

居酒屋に入店。

 

会話はお互いの

・大学時代の研究について→食品関係の研究してました

・お酒について→日本酒・ウイスキーハイボールの豆知識

・仕事について→食品関係です

まあ、お互い理系大学でてたので、すごく懐かしい気分になりました。

 

 

ただこの子すごく飲む・・・・ペースもはやいはやい。

1件目

・ビール2杯

・日本酒6合(而今・作・百十郎などなど)

2件目

・ビール4杯

・日本酒6合(作・ドラゴン2などなど)

 

 

めっちゃ酒も強くて、まったく酔っていない。

ちなみに私はべろべろのへべれけ状態でした。

私(うわ~かっこわる~雑魚とか言われてそうだわ~)

 

 

そして・・終電を逃すwww

やっちもーた~~~!!!!!  今度リベンジだわ。これは。

 

この女性の印象

 

「よっ!酒豪!」

 

楽しかったけど、当分酒いりませんわ~。

飲み会 ~素直な野獣(仮)~

こんばんは。

 

月曜日に女性と飲んだことを日記で書こうかなあと思ってます。

 

この女の子とは「ペアーズ」というマッチングアプリで出会った女性です。

 

ここでは仮にMさんとしますね。

 

Mさんとのやり取り

Mさんの特徴は、私と同い年で、配属先に知り合いがいなくて飲み友達を探しているとのことでした。

私も飲み会が好きで、お酒好きを共有できる方が欲しいなあと思って登録していました。

 

私(いや!出会いも欲しい!!)

 

私「むつごんです!こっちに配属になって知り合いもいなくて暇を持て余しています。お酒好きなんで仲良くなったら飲みに行きましょう!」

 

M「私も、4月に配属されて知り合いいなくて困ってたんですよ~。お酒弱いですけどお酒好きなんで、良かったら美味しい居酒屋さん教えてください!」

 

私(お?お酒好きな女性とか最高やないか!!!)

 

あとは、今住んでる場所の観光地やら美味しいお店の話を何度かやり取りして・・・。

 

私「良かったら、今週の金土どちらかで飲みにいきませんか?」

 

M「すみません。金土は予定があって。明日なら大丈夫ですよ?」

 

私(え!?!?!そんな急にわけわからん男と会って大丈夫なのか?!)

 

私「ええんですか?!?!では、駅集合でお願いします。」

 

M「はい~!Line:ID教えますね~~!」

 

ここまで十通くらい・・・・。え?大丈夫か??

 

飲み会当日・・・

私「仕事終わりました~。7時頃になりますけど大丈夫ですか?」

 

M「大丈夫です~待ってますね~!」

 

ショートカットの似合う真木よう子に似ているMさんが・・・・

私(真木よう子に似ているぞ!!!真木よう子だ!)

 

私「初めまして~!どこいきますか~?」

 

M「どこでもいいよ~!めんどくさい女の反応でごめんね!」

 

居酒屋に入店。

 

まずは基本的なところから。

・出身は?→東京です。

・大学は?→大学も東京です。

・就職は?→東京です。今年からこっちにきました。

私(におい立つ都会の香り・・・・。なぜ地方に?)

 

話を聞くと昇進するための1年間は地方暮らしだそう。修行ってことらしい。

いろんな会社があるもんですなあ・・・。

 

そこからは会社の愚痴だったり、元彼の愚痴だったり、こっちがひたすら質問して答えるというすごく大変な会話でした。

というか、聞いてる感じ仕事でストレス半端ないんだなあと。

私の話なんてお構いなしって感じでした。 

 

だんだんお酒も入ってきて話はエスカレート。

 

M「愛よりはお金だ!!!私はどの男よりも稼いでいる!私より稼いでいる男じゃないと嫌だ!」

M「私は学生の時遊んでいた!!毎日飲みまくって○○していた。(下ネタ)」

M「酔うと○○になる!!(下ネタ)」

 

など、なんか久しぶりにぶっとんだ話を聞きました。

いや、ここまで初対面に言えるってすごいなあと。

 

素直な人なんだな!!!笑

 

で、とりあえずMさんが言いたいことをすべて聞いてお開き。

聞き役に徹する。しょーもない冗談は撃沈されていました。

楽しかったんだけどね!!!

 

帰り際には・・・

M「なんか年上みたいだね~!老けてる!(笑)眼鏡いらないよ!!」

 

私「おいおい。分かった!!今度は若返っとくね!!」

私(素直な人だなあ・・・。普段はなかなか言えない人なのかもね。)

 

とりあえず、次痩せて若返ったら、飲みに行くことになりました。

今度はコンタクトかなあ・・・。

 

この女性の印象

 

「素直な野獣(仮)」

 

あ~気を使ったけど、楽しかったわ~。

 

ダイエット ~きゅうり+水編 PART 5 ~

え?今日真夏じゃない?

久しぶりの出張でめっちゃ歩きました。というか車使えないってどーゆーこっちゃ!!

トラブルで走りまくったあと、電車乗り遅れそうになって、走って。

もう汗だく。

そんな一日でした。

 

ダイエット記録

本日

朝:水0.5L

昼:弁当+お茶0.5L

夜:きゅうり1本と半分+鶏むね肉のBBQソース焼き+納豆+水1.5L

  ランニング4 km

 

体重測定・・・

 

「65.3kg」

 

あれ??めっちゃ痩せてる??

2.2kg痩せております!!

歩いたし、走ったけどなんでそんない痩せるの?

効果が出ているのかどうかさっぱりわからん。

  

まあ、日々記入ですね。

ダイエットしている皆さんも頑張りましょう。

 

最近夏バテ気味なんです。食欲が全くない。

やばいかも。

師匠(現場主任)Sさんとの飲み会 ~第一夜~

会社に入社して、研修後、配属されたのが今の工場である。

配属からお世話になっているのが「現場主任」のSさんである。

 

私の仕事は工場の「生産管理」。

「生産管理」といっても仕事の内容は広い

・部品の発注

・製品品質の管理

・設備導入

・新製品の計画

・欠減コスト削減

・IOT導入

などなど仕事の幅は広く、「何でも屋さん」みたいな仕事である。

「何でも屋さん」な故に、設備・人の配置などを細かく知っておかなくてはいけないのだ。

右も左も分からなかった私を、1から育ててくれたのがこのSさんなのである。

そのSさんが定年退職を6月に迎えるのである。

 

これは・・・・・飲みに行かなくては・・・・!!

 

ってことで、飲みに行ってきましたよ!!

管理職抜きでこっそりな・・・・・・・ふっふっふっ。

(管理職を誘わなかったのは、気兼ねなく話ができると思ったからである。)

 

やっぱり飲みに行って良かったな~って思えた夜でした。

 

飲み会では・・・・?

1次会では、様々な話が。

・今の工場のメンバーについて

・工場の現状について

・過去の話

・愚痴

などなど、普段どの会社でもありそうな内容であった。

 

その話の中で、主任になるときの管理職研修の時の話が心に残っている。

 

Sさん「管理職研修の時に、聞かれてドキッとしたことがあってな。その当時はパッと答えられんかったんよな~。」

   

私「何聞かれたんですか」

 

Sさん「あなたの会社における使命はなんですか?」

      

確かに、この言葉にパッとこたえられる人はなかなかいない。

 

Sさん「今ならすぐに答えられるけどな~」

私「え?なんて答えるんですか?」

 

「みんなで協力して良い製品が作れるように雰囲気を作って、前に向いて進むこと!」

「部下が家出たときと同じ状態で無事に帰ってこれるようにすること!」

 

私(え?かっこええ!)

現場のTOPである主任がそう考えているのは、単純に「かっこええ!!」って思えた。

定年間際まで、自分の使命をもって行動できる姿が「かっこええ!!」

部下の無事も考えてる心意気が「かっこええ!!」

ベロベロに酔っぱらっても言えるのが「かっこええ!!」

 

確かに、いろいろな場面を思い返してみると、言葉通りの言動・行動やな~って感じた。

 

自分の使命を持って、考え行動する。

 

これがずっと続くだけで、人生変わりそうですね。

 

ちなみに、高アルコール酎ハイを24本、ビール10杯飲みましたとさ。

げろげろ・・・。

 

 

ふっと思ったこと・・・

「あなたの会社における使命はなんですか?」

 

という言葉を少し変えて

 

「あなたの人生における使命はなんですか?」

 

と聞かれたとき、私はいま答えることができません。

 

なんと答えたら良いのか?

 

あなたなら答えられますか?

 

ダイエット ~きゅうり+水編 PART 4 ~

 

暑くなってきましたね~。

工場内を歩きすぎて汗だくになりますわ。

二日間も飲み会続きでダイエットできておりません。

やばいとおもいます。

ただ、水だけはしっかり2Lとってました。

さて、ダイエットの記録でも残しますか。

 

ダイエット記録

本日

朝:水0.5L

昼:きゅうり半分+鶏むね肉のハム+ご飯半合+水0.5L

夜:きゅうり1本と半分+鶏むね肉のハム+ご飯半合+さばのみりん干+水1L

  腹筋×50回

 

体重測定・・・

 

「67.5kg」

 

あれ??また太ってね??

0.5kg太っております!!

これといって、連続飲み会が続いたせいですかね・・・。

 身体もだるいし、膨れている気がしている。

 

やべええええええええええええ!!!!

 

まあ、ゆるゆる記入していきますわ。

 

月曜日は女の子と飲み会

火曜日はお世話になっている主任さんとの飲み会

 

両方共の日記は後で書こうと思います。

とある会議の愚痴~司会者とは?~

先日、月に1回開催されるトラブル改善会議があった。

 

これについて、愚痴を書きたい!!!!

 

この会議は、生産中に起こったトラブルの再発防止策を考える会議である。

 

具体的な会議内容は、以下の通りである。

(1)トラブル内容:現場作業員の作業ミスで不良品を大量に作ってしまった。

(2)原因:作業ミスの原因は、作業手順のやり方が作業員ごとにばらばらで統一できていなかった。

(3)対策:作業手順を見直し、チェック項目を設けた。作業ミスが再度起こらないように設備を改造した。

(4)確認:対策ができているか、司会者が確認する。

 

この会議で用意するのは、(1)~(3)の内容の資料である。

資料をもとに会議は進んでいくのである。

 

この会議が嫌な理由は

(1)会議時間が長い

(2)意見を聞いてもらえない

(3)無駄な話が多い

という点である。

この3つの原因を生み出しているのは、ほぼ

「司会者」

なのである。

司会者の特徴は、最後に記載したい。

 

(1)会議時間が長い

この会議は、13時~15時と設定されているのにも関わらず、16時~17時の間で終わることが多い。実際、トラブル案件が多いだけではないか?と思う人もいるかもしれないが、そうではない。会議時間を延ばしている原因は以下のとおりである。

 

①事前に担当者が作った資料を読んでいない。

②比較的にどうでも良い案件に対して、わざわざ深堀をする。

 

①に対しては、憤りを感じるところである。司会者が資料を読まずに、会議に臨むことは、司会進行が遅れるので、全体的なロスに繋がる。

私(せっかく担当者が作った資料なんだから読めよ!てか、読んで改善案を考えとけよ!!あほか!!)って毎回思っている。

 

②も無駄なことである。ここでは「比較的にどうでも良い案件」と記載したが、「終わっている案件」に対しても再度深堀を始めるのである。

私(それ、先月あなたOK言いましたよね?!ていうか、あなたが言った意見でしょ?)ってなる場合がある。

 

(2)意見を聞いてもらえない

原因・対策を実行し、資料を作って、会議に臨んだとしても、「司会者」によって、実行したことが無になることがあるのだ。

流れはこう。

①司会者が担当者の作った資料を読む

②司会者が意見を言う。

③上司に自分の意見を擁護してもらう。

④内容確認。

お分かり頂けたであろうか?

①~④までの流れで、担当者が意見を言う隙なんてないのである。

担当者が現場作業員と話し合って決めた意見でさえ、承認されず、全然違う意見になることもあるのである。

 

司会者「この会議はみんなで話し合って決めるための会議だ!!!」

 

私(は?私たちの意見は?上で決めてるだけじゃん。これならもう上の方々で勝手に決めてくれ・・・。)

 

(3)無駄な話が多い

この会議、司会者の無駄話も多かったりするんです。

この司会者、なんと・・・・・・

「知識は豊富」

なんです。

知識は豊富なんで、知ってること言いたいんでしょうね。そりゃ深堀もしたくなりますわwww

私(ん?その話今関係なくないです?え?言いたいだけだったか~!!!昔の話とか知るか~~~~い!)

 

司会者とは・・・・

私の中で司会者は、「会議を円滑に進めること」が役割だと思っています。

・資料を基に内容を要約し伝える。

・みんなの意見を聞く。(ない場合は発言する。)

・意見を簡潔にまとめて、方向性を導く。

簡単に思いついたのがこれですかね。

あとは、「信頼」も大事かなと思ってます。

 

今回の司会者の特徴は、

・知識が豊富で理論的(自分の知識を言いたい。通じないと気が済まない)

・コミュニケーション不足(知識があるので、現場に行かない。見ない。)

ん~。これなら司会者というよりは「評論家」のほうが言い方は正しいかもしれないなあと思いました。

 

このままこれが続くようだったら、いろいろ言おうと思います。

まずはこの一言を、

 

「ごちゃごちゃ言わずに、現場見に来い!!!ぼけえええええええ!!!」

 

相手は管理職ですけどねw

 

そんなの関係ねぇ!!